SF

    "映像を“味わう”装置だと...?テレビに映った食べ物が味わえる「デジタル味覚装置」が開発された!"

    テレビでおいしそうな食べ物の映像を見て、「あの料理、今ここで味わってみたい...」と
    指をくわえて画面を見つめた経験が誰しも1度はあるだろう。

    そんな願いを叶える夢のような装置、電気刺激により味を再現する「Digital Taste Interface(デジタル味覚装置)」が、シンガポール国立大学で開発された。英国メディア The Telegraph が伝えている。

    「Digital Taste Interface」は、人間の味覚をデジタル制御された電気的刺激によって再現する装置。
    舌で感じる「しょっぱい」「甘い」「酸っぱい」「苦い」といった「味」を、電気刺激により再現するのだそう。
    また同装置は、味覚に影響する微妙な温度変化も利用して「味」を再現しているのだとか。

    no title

    「もぐもぐ...むっ、これおいしい!」
    no title

    「彼に教えてあげようっと!」(デジタル味覚送信)
    no title

    「ほう、おいしいじゃないか」 的なやりとりもできちゃう
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://entabe.jp/news/article/3383

    この記事の続きを見る

     東京大学大学院工学系研究科の古澤明教授と武田俊太郎大学院生らは、量子ビットの情報を遠隔地に送る「量子テレポーテーション」技術を従来比100倍以上の高効率で実現した。

    絶対に安全な量子暗号通信や超高速な量子コンピューターの実用化が近づく。詳細は15日発行の英科学誌ネイチャーに掲載される。

     光子の量子ビットを、光の振幅や位相を転送する「光の波動の量子テレポーテーション装置」を使って遠隔地に送る。

    この装置は無条件で常に動作させられるうえ、従来手法の100倍以上となる61%の高効率で量子ビットの情報を劣化させることなく転送できる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201308150003.html

    この記事の続きを見る

    [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びた
    ニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。

    南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、
    政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。
    2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、
    MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい 、徐々に体に変化が表れる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://eiga.com/news/20130729/15/

    この記事の続きを見る

    ○「誤った記憶」作った!…利根川氏ら

    脳を刺激して実際と違う誤った記憶(過誤記憶)を作り出すことに、ノーベル賞
    受賞者の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授と理化学研究所のチームが
    マウスの実験で成功したと、26日付の米サイエンス誌に発表する。

    過誤記憶を人為的に作り出したのは世界で初めて。

    人間はしばしば記憶違いを起こすほか、妄想を抱く病気もある。これらの原因は
    わかっておらず、今回の成果をきっかけに解明が期待される。

    ☆画像:誤った記憶を作り出す仕組み
    no title


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130726-OYT1T00025.htm

    この記事の続きを見る

    ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は23日、都内で開催されている同社グループ主催の法人向けイベント「SoftBank World 2013」において、「世界に挑む」というタイトルで基調講演を行い、グローバルマーケットに斬り込む姿勢を鮮明にした。

     同氏は300年後に世界がどうなるかという予測について持論を展開。まず2018年にはコンピューターに搭載されるCPUのトランジスタ数が人間の 脳細胞の300億個を超え、2100年には1垓(1兆の1億倍)個に、2300年にはその3乗倍になるとした。これほどまでの高性能化が進めば、コン ピューターは人間の脳をはるかに超える能力を持ち得ることになり、未来を洞察したり、物事を発明することも可能になるという。

     さらに、何らかのチップを頭部に貼る・埋め込むだけで、頭の中で想像すればテレパシーのように遠くにいる人と通信できるようになり、 医療の劇的な発達などで平均年齢は200歳に到達するだろうと話す。突飛な発想で絵空事のようであり、孫氏自身も「ほとんどSFの世界」と認めつつも、こ の300年後を想像してからであれば、自身が3年前に作った「新30年ビジョン」の内容は当たり前すぎるものになるだろうと話した。


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20130724_608741.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ