自然エネルギー

    福島沖、洋上風力発電が運転開始 再生エネルギー研究


    再生可能エネルギーの研究として、福島県楢葉町の沖合約20キロに設置された「浮体式洋上風力発電所」の運転が11日、始まった。

    発電所は出力2千キロワット。
    羽根の直径約80メートルの風車1基を、海に浮かべて回し発電する。
    海上に併設の変電所から海底ケーブルを通し、東北電力に供給する仕組み。
    2014年度までに、出力7千キロワットの風車2基を増設する予定。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111101001672.html

    no title


    この記事の続きを見る

    実現すれば、世界の電力問題は一気に解決する! 火力、風力、水力、太陽光、原子力…数々の発電方法があるものの、地球そのものを使う発電方法が発明された。これまで不可能と言われてきた「地球の自転エネルギーを利用する」方法だ。

    ヒントになったのは「やじろべえ」だ。和合秀典さん(70)と中薗豊さん(54)。1年前に「超発明株式会社」(東京都豊島区)を立ち上げた研究者コンビ。和合さんの頭に発想が浮かび、中薗さんに打ち明けると「不可能ではない。いや、可能だ」と答えたことでプロジェクトが動き出した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/194089/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ