死後の世界

    心臓まひを起こし死の淵に立った人が時に経験する、まぶしい光などの鮮明な「臨死体験」は、科学的に説明できるかもしれないとする研究論文が12日、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。
    脳は、血流が停止した後も30秒程度、活動を続けることが分かったという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000025-jij_afp-sctch

    この記事の続きを見る

    42_l

    1: ブリティッシュショートヘア(大阪府) 2013/05/02(木) 13:50:55.91 ID:ZmJLelrv0 BE:540924473-PLT(12000) ポイント特典
    「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から
    2013.5.2 13:26 (1/3ページ)


     蘇生医療の現場では、「脳波が平坦になったあとでも、数時間は意識が存続する」と見られる現象が
    報告されている。蘇生医療の専門家で「死後体験」の研究者でもあるサム・パーニアに、新刊について
    語ってもらった。

    蘇生医療は、鼓動が止まった心臓を復活させるための医療処置「心肺蘇生法(CPR)」が採用される
    ようになった20世紀の中ごろに始まった。当初は、CPRが有効なのは心停止から数分間だったが、医療
    技術の進歩により、その時間は30分を超えるまでになった。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130502/wir13050213270001-n1.htm
    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ