映画

    [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びた
    ニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。

    南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、
    政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。
    2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、
    MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい 、徐々に体に変化が表れる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://eiga.com/news/20130729/15/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ