惑星

    【米国発!Breaking News】200光年先に地球と「双子のような」系外惑星を発見。
    no title

    地球から200光年離れた宇宙に「地球と双子のような」と表現される星が存在することが、このほど米天文学会(AmericanAstronomical Society)にて発表された。地球と重さがほぼ同じ、しかし大きさはかなり大きいもようだ。

    地球に似た太陽系外惑星を探すために2009年に打ち上げられた、NASA(アメリカ航空宇宙局)の探査機「ケプラー(Kepler)」。その望遠鏡から送られてきたデータをもとに、地球から200光年離れたところに存在する「KOI-314c」という系外惑星について、質量が地球とほぼ同じことから、“地球の双子”と表現しても過言ではないことがこのほど発表された。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://news.livedoor.com/article/detail/8409190/

    この記事の続きを見る

    80光年先に孤独に浮かぶ浮遊惑星を発見

    (CNN) 地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

    この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、惑星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。
    誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

    この惑星の質量は木星のたった6倍。褐色わい星と呼ばれる天体を探していて見つかった。通常の褐色わい星よりも赤い光を発していたため、別の望遠鏡を使って赤外線で観測したところ、惑星であることが明らかになったという。

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35038416.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ