恐怖

    「身の危険を感じる体験をすると、その「記憶」が子々孫々に遺伝して受け継がれる」

     そんな研究結果が、米国エモリー大学の研究チームよりまとめられ、12月1日に英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に掲載された。

     実験は、雄のマウスの脚に電気ショックを与えながら桜の花に似た匂いを嗅がせ、その匂いを嗅ぐと恐怖を 感じさせるというもの。電気ショックを何度か繰り返すと、桜の匂いを嗅いだだけで身構えるようになる。

     電気ショックを受けた父親と子孫の精子のDNAを比較したところ、両者とも嗅覚を制御する遺伝子に変化した跡が見られたという。もっとも、こうした一致は、親が子に「教育」した結果とも考えられる。その可能性を排除するため、父マウスから精子を採って人工授精で生まれた子の脳を調べたところ、同様の変化が見られた。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://tocana.jp/2013/12/post_3334.html

    この記事の続きを見る

    no title

    日本人の97%が不安を感じ易い「臆病」な遺伝子を持っている。
    恐怖遺伝子を持っている割合が高い東アジア人でも平均が90%くらいだから
    日本人より臆病な民族は他に存在しないだろう。

    アメリカの場合は心配性タイプと殆ど恐怖を感じないタイプと
    その中間層が丁度3等分くらいに別れててバランスが良い。
    97%が臆病者の日本は明らかに偏りすぎだ。これが日本社会から多様性を奪っている。

    http://netouyo-db.tumblr.com/post/66969029880/97

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ