地震直後に高さ20メートルの「島」出現 パキスタン沖合

 【イスラマバード=共同】パキスタン南西部で24日に起きた地震で、地元メディアは25日までに、アラビア海沿岸にあるバルチスタン州グワダルの
沖合に新たな「島」が出現したと伝えた。同様の現象は過去にも起きていたとの情報もある。

 英字紙ドーンは専門家の話として、地震発生直後、沖から1.5キロほどの場所に高さ約20メートル、幅100~200メートルの島が現れたと伝えた。
ただ、正確な位置や大きさなどは分かっておらず、情報が交錯している。

※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2503G_V20C13A9000000/

この記事の続きを見る