宇宙人

    地球型惑星 意外に多い 太陽に似た恒星5個に1個 米大チームが発表

     太陽に似た恒星のうち5個に1個が、地球と同じようなサイズと公転距離を持つ惑星を
    従えているとする研究結果を、米カリフォルニア大バークレー校のチームが米科学アカデミー紀要電子版に4日発表した。

     大気を持ち温暖で、地球上の生命に必要な液体の水が存在しうる惑星が意外に多いかも
    しれないことを示す結果。チームの研究者は「最も近い地球型惑星は、肉眼でも観測できる
    12光年先の恒星を回っている可能性がある」としている。チームは、8月に運用を終えた
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を使い観測。太陽に似た恒星の手前を惑星が横切ると、 恒星がやや暗く見えるという原理を利用し、惑星の大きさや恒星からの距離を分析した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/science/news/131105/scn13110507170000-n1.htm

    この記事の続きを見る

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 10:32:29.25 ID:SBlz395w0
    統制の取れた状態で、現代からの知識以外の持ち込みは一切不可
    猛獣とかは追い払われた状態として、今の都市レベルの文明つくるなら何年かかるだろう?

    この記事の続きを見る

    [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びた
    ニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。

    南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、
    政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。
    2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、
    MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい 、徐々に体に変化が表れる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://eiga.com/news/20130729/15/

    この記事の続きを見る

    欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は25日、太陽系 から近い距離にある
    恒星を周回する3個の「スーパーアース(巨大地球型惑星)」が見つ かったと発表した。3惑星は全て、
    理論上では生命が存在できる領域に位置しているとい う。

    3惑星は、恒星「グリーゼ667C(Gliese 667C)」を周回する最大7個の惑星群の一部。
    さ そり座(Scorpio)の方向に位置するグリーゼ667Cは、地球からの距離が22光年と比較的近 い。
    3惑星と恒星との距離は、水が液体で存在するのに最適な「ハビタブルゾーン」内にあ るという。

    *+*+ AFPBB News +*+*
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2952545/10960876

    この記事の続きを見る

    2013年6月9日、山東省濱州市で、3カ月前に宇宙人を感電死させたという人物が名乗り出た。人民網が伝えた。

    ネット上に「宇宙人5人を乗せた円盤に出くわした」と書き込んだのは、李と名乗る人物だ。李さんは海産物店を営んでおり、時折、黄河の近くで電気の流れる網を張って野ウサギを捕まえたりしている。

    「UFOのような物体が川岸にあって、私はいつの間にか自転車でそこに駆けつけていた。円盤からは5人の宇宙人が降りてきた」

    すると、宇宙人の1人が李さんの仕掛けた網に引っかかって転び、他の宇宙人はUFOに乗って帰ってしまったという。見てみると、網にかかった宇宙人は死んでしまっており、李さんは「彼」をそのまま倉庫に持ち帰り、冷凍庫に保存することにした。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから  
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=73154&type=
    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ