宇宙

    【米国発!Breaking News】200光年先に地球と「双子のような」系外惑星を発見。
    no title

    地球から200光年離れた宇宙に「地球と双子のような」と表現される星が存在することが、このほど米天文学会(AmericanAstronomical Society)にて発表された。地球と重さがほぼ同じ、しかし大きさはかなり大きいもようだ。

    地球に似た太陽系外惑星を探すために2009年に打ち上げられた、NASA(アメリカ航空宇宙局)の探査機「ケプラー(Kepler)」。その望遠鏡から送られてきたデータをもとに、地球から200光年離れたところに存在する「KOI-314c」という系外惑星について、質量が地球とほぼ同じことから、“地球の双子”と表現しても過言ではないことがこのほど発表された。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://news.livedoor.com/article/detail/8409190/

    この記事の続きを見る

    宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています

    普段なにげに見上げている空の星や、身の回りに存在する物質についてその起源を考えることはあまりないと思いますが、実はその存在は、別の宇宙からやってきた「ホログラム」かもしれないという研究結果が発表され、注目が集まっています。

    「ホログラム」とは言っても、これは宇宙のある一点から発せられた光源によって宇宙が照らされていることを意味しているのではなく、すべての物質を説明する理論であるひも理論(弦理論)および超ひも理論(超弦理論)を説明する概念となっています。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://gigazine.net/news/20130104-hologram-universe/

    この記事の続きを見る

    地球型惑星 意外に多い 太陽に似た恒星5個に1個 米大チームが発表

     太陽に似た恒星のうち5個に1個が、地球と同じようなサイズと公転距離を持つ惑星を
    従えているとする研究結果を、米カリフォルニア大バークレー校のチームが米科学アカデミー紀要電子版に4日発表した。

     大気を持ち温暖で、地球上の生命に必要な液体の水が存在しうる惑星が意外に多いかも
    しれないことを示す結果。チームの研究者は「最も近い地球型惑星は、肉眼でも観測できる
    12光年先の恒星を回っている可能性がある」としている。チームは、8月に運用を終えた
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を使い観測。太陽に似た恒星の手前を惑星が横切ると、 恒星がやや暗く見えるという原理を利用し、惑星の大きさや恒星からの距離を分析した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/science/news/131105/scn13110507170000-n1.htm

    この記事の続きを見る

    世界の終わりは来年中旬 理由はガス雲

    no title

    英国の天文物理学者アルベルト・シェルヴィンスキー氏によれば、
    約1600万キロメートルにおよぶガス雲が地球に接近中だという。
    もしシェルヴィンスキー氏の計算が正しければ、このガス雲は太陽系全体を破壊するということで、
    地球は2014年中旬になくなってしまう。このガス雲はブラックホールから出てきたものであるという。

     ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_11_01/123749423/

    この記事の続きを見る

    80光年先に孤独に浮かぶ浮遊惑星を発見

    (CNN) 地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

    この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、惑星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。
    誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

    この惑星の質量は木星のたった6倍。褐色わい星と呼ばれる天体を探していて見つかった。通常の褐色わい星よりも赤い光を発していたため、別の望遠鏡を使って赤外線で観測したところ、惑星であることが明らかになったという。

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35038416.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ