噴火

    ・ロン氏から日本人へのメッセージ
    1)日本の皆さん、改めて、こんにちは。今日は、いくつか重要なメッセージを日本語でお伝えします。(翻訳責任:藤本庸子)

    2)昨晩、私は日本の将来について見えました。その見えたことをお知らせします。

    3)今後、2~3ヵ月くらいに、日本で自然災害が起こります。

    4)私のメッセージはとても重要です。皆さん、リツイートをして、日本に住む多くの人に知らせて下さい。特に、皆さんのご家族やご友人、
      愛する方々へ知らせて下さい。私のツイートを多くの人へフォローするようにお伝え下さい。

    5)私のこのメッセージは冗談ではありません。もし、あなたが私のツイートを信じられず、冗談にしか聞こえないようでしたら、どうぞ、ここで読むのを止めて下さい。

    6)もしあなたが愛する人、多くの人の安全を願っているのならば、私のメッセージをできるだけ多くの人に伝えて下さい。
      または、多くの人に私のツイートをフォローするように、伝えて下さい。

    7)これからの数ヵ月、私のツイートを注意して読んで下さい。自然災害が起こる日に近くなったら、日本のどの地域が一番危険なのかをお知らせできます。

    8)皆さんがご存知のように、私は日本の311を予測しましたが、この311について、2010年夏頃から、少しずつ、見えていました。
      この予測は、東京スポーツ新聞に掲載されましたが、あまり多くの人は気にかけなかったようです。ですから、今回の私のメッセージを重視してほしいのです。

    9)あなたのご家族、ご友人、あなたの周りにいる人たちを守りたいのならば、ぜひ私のツイートを真剣に読んで下さい。そして、周りの人に、
      私のツイートをフォローすることを伝えて下さい。そうすることによって、多くの人の命を助けることができるのです。

    10)2~3ヵ月という時間は振り返ると、あっと言う間に過ぎた感じがしても、2~3ヵ月先という時間は、ずっと先のように感じます。時間は大切です。
      今から、緊急事態になることを想定して、心の準備、物資の準備などをしておくことが大切です。

    【緊急情報】世界的に有名な超能力者ロンバード氏が日本の災害を予言!「今後2~3ヵ月に日本で自然災害が起こる」「多くの人の命を助けられる

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://rocketnews24.com/2013/07/15/350727/

    この記事の続きを見る

    no title

    1: ジョフロイネコ(家) 2013/05/10(金) 20:02:15.69 ID:U/bXDpSQP BE:1150781928-PLT(12622) ポイント特典
    「直ちに噴火の兆候なし」
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130510/dst13051019430012-n1.htm
    気象庁は10日、蔵王山(山形、宮城県)で、地下のマグマや熱せられた地下水の活動を示すとされる「火山性微動」が4月に3回、
    起きていたと発表した。回数が少なく振幅も小さいことなどから「直ちに噴火する兆候は認められない」としている。

    同庁によると、火山性微動が発生したのは7、9、21日で、それぞれ3~5分程度続いた。7日と21日の微動直前には、地殻変動
    を監視する傾斜計のデータにわずかな変化が観測された。火山性地震は4月に46回発生し、やや多い状況だった。

    火山性微動の観測は1月27日以来で、気象庁の担当者は「地下の深い所で何らかの活動があったと考えられる」と説明した。

    この記事の続きを見る

    1: ユキヒョウ(WiMAX) 2013/04/17(水) 20:27:35.91 ID:H1krjgvX0● BE:107073893-PLT(12000) ポイント特典
    地下水湧出、マグマだまり10km上昇で富士山の噴火近づくか
     2011年の東日本大震災以降、富士山麓で数々の異変が起きている。 北東麓の山梨県忍野村では過去10年間、震度1以上の
    有感地震は一度も起きていなかったが、同震災を境に有感地震が頻発するようになった。 また山頂をはさんだ南東側の
    静岡県富士宮市では、同年9月、突然、大量の地下水が湧き出した。その他にも斜面で噴気が観測されたり、山麓の洞窟の氷柱が
    短くなる現象などが報告されている。 それらの現象は何を物語っているのか。富士山の火山活動が活発化していると
    考えるのが自然である。マグマの上昇が斜面や山麓に亀裂を生じさせ、地熱上昇をうながしているとみられる。
     有史以来、富士山は噴火を繰り返してきた。最後に噴火したのは1707年の宝永噴火である。以来、300年以上にわたって地下に
    巨大なエネルギーをため込んできた。いつ噴火してもおかしくない状態だったが、東日本大震災が引き金を引いたといえる。
     そもそも地震と火山の噴火は表裏一体の関係にある。どちらも地殻を覆う硬い岩盤であるプレートの移動によって起こる。火山
    の火口の下にはマグマが滞留しているマグマだまりがある。プレートが移動してマグマだまりが圧力を受けると、マグマが上昇
    して地表に溢れ出る。これが噴火である。
     マグマだまりの位置は液体を伝わる低周波地震を観測することで分かる。以前は低周波地震の震源は地下10数キロメートルから
    20キロメートルあたりだったが、東日本大震災後は地下数キロメートルのところまで上がってきている。いよいよ噴火のカウント
    ダウンが始まったとみていい。 富士山が噴火すると、どんな事態になるのか。8000年から1万年ほど前には山梨県大月市や
    駿河湾まで達する大規模な溶岩流出があったことが分かっている。 864年の貞観噴火では北西斜面から溶岩が流出し、青木ヶ原
    樹海や西湖、精進湖が形成された。 
    http://news.livedoor.com/article/detail/7599334/


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ