右の写真は今年11月、作家・オカルト研究家の山口敏太郎が三重県の
伊勢神宮へ取材を行ったときの写真である。

 神宮の森に大きな日章旗がはためいている。山口敏太郎と同行したスタッフはその光景が
珍しく写真に収めたのだが、実はこの写真には不思議なものが一点紛れ込んでいる。

 写真の左上にご注目いただきたい。なんと空に謎の飛行物体が飛んでいるのである。

 流線型と思わしき形状の飛行物体は、一見するとヘリコプターのようにも見えるが、
ヘリコプターにしてはプロペラの部分が見当たらなく、また虫にしては大きすぎるため、
この物体の正体は未確認飛行物体=UFOの一種か、スカイフィッシュのようなUMAではないかと思われる。

※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
http://npn.co.jp/article/detail/94400797/

この記事の続きを見る