不老不死

    遺伝経路操作で蠕虫の寿命を5倍に 人間に応用できれば500歳まで生きられる可能性も?!と米研究機関が示唆

     米Buck Institute of Age ResearchのPankaj Kapahi博士のチームは、蠕虫(ミミズやヒルな
    ど蠕動で移動する虫)である、シノラブディス・エレガンスの2つの遺伝経路を微調整し、その
    寿命を5倍に延ばすことに成功した。この技術を人間に応用できれば完璧なアンチエイジングが
    可能になるかもしれないという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://irorio.jp/sousuke/20131216/96028/

    この記事の続きを見る

    「不老不死」の生物現る ベニクラゲ、稚内の水族館で展示

     【稚内】老化が進むと若返る性質のあるベニクラゲがノシャップ寒流水族館で展示されている。
    「不老不死」のクラゲとして来場者の注目を集めている。

     ベニクラゲは日本全国の沿岸に生息する。直径は約1センチ。透けて見える消化器官が赤く
    光ることから名付けられた。

     クラゲの仲間は成長して子孫を残した後、弱って死ぬ。しかしベニクラゲは衰弱すると成長期に
    若返り、新しい若い個体に生まれ変わる。他の生物に食べられると死ぬが、寿命としての死はない。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/498522.html

    no title

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ