ヴァイキングの予言によれば、2014年2月22日に世界の終わりがやってくる。

ヴァイキングたちの間でこの日は「ラグナレク」と呼ばれており、オーディン神が巨大な狼フェンリルに殺されてしまう。
生き残るのは二人で、そこからまた新しい文明が生まれていくという。

スカンジナヴィアの伝承に詳しい研究者らによれば、ラグナレクの日は今日から数えてたった97日だという。

no title

※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124548783/

この記事の続きを見る