ノンシリコン

    ●ノンシリコン神話~シリコンが悪いわけではない

     最近のシャンプーコーナーに行くと、ノンシリコンシャンプーが一角を占拠し、
    さもノンシリコンがブームのように思わせられます。そして宣伝ポップでは、
    シリコンを配合していないことを強調しています。他の棚の商品はシリコン入り、
    この棚のは入っていませんよ、と。なんだかシリコン入りのシャンプーは
    頭皮や毛髪に悪く、シリコンなしは正義といわんばかりです。

     しかし、商品説明のどこを見渡しても「シリコンは悪いです」とは書いてありません。

     それもそのはず、シリコンは無害です。まず、アレルギーすら起こしません。この点では、
    界面活性剤など他のシャンプーの成分で、シリコンより刺激がないものは存在しません。
    油と界面活性剤で刺激性を比べるのはナンセンスですが、少なくとも皮膚刺激性はありません。

     ちなみにシリコンは、シャンプーに使われるあらゆる成分の中で、最も高額な素材だったりします。
    1kg当たりの値段で比較すると、植物油は200~300円程度、ラウリル硫酸塩やラウレス硫酸塩なども
    300~400円以下ですが、シリコンは4000円前後もします。故に、安物商品ほどシリコンを入れると
    原価率が上がってしまうので、シリコンを悪者にしたいという誰かの思惑が見え隠れします。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://biz-journal.jp/i/2013/10/post_3038.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ