コンタクト

    目の視力を向上させるレーシックの手術で、光がにじむようになるなどの被害が相次いでいるとして、
    消費者庁が注意を呼びかけています。

    視力を向上させるレーシックの手術で目に何らかの被害を受けたという報告が、消費者庁には先月までの4年半ほどの間に、全国から80件寄せられています。
    被害の内容で最も多かったのは、視力が矯正されすぎて遠視になったというもので、このほか、
    目に激しい痛みを感じたケースや、1時間に数回、目薬をさすようになったケースなどもあったということです。
    こうしたことを受けて、消費者庁が先月、手術を受けた600人を対象に行ったアンケート調査でも、
    4割余りの人が、手術後に光がにじんだとか暗いところで物が見えにくくなったなどの不具合を訴えたということです。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131204/t10013576321000.html

    この記事の続きを見る

    レーシック手術の後遺症深刻 夜間視力低下、自律神経に変調…

    近視矯正のレーシック手術を受けた後、夜間視力の低下や自律神経の変調などの後遺症を訴える事例が6~8月に約50件報告されていたことが24日、被害者団体の調査で分かった。団体などは同日、後遺症に関する実態把握を進めるよう厚生労働省に要望書を提出した。

      ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/686368/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ