医療



    no title


    研究チームによると、この酸素注射は脂質と酸素の粒子の混合物から構成されており、脂質内に酸素を閉じ込めることで大
    量の酸素を蓄えているといいます。この注射を静脈に注射することで、処置を受けた人間は15分~30分もの間、一切の呼吸
    をせずに血液中の酸素レベルを正常値で維持することができるといいます。


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://commonpost.info/?p=71564
    source
    http://www.sciencedaily.com/releases/2012/06/120627142512.htm


    この記事の続きを見る

    ことし4月、法律に基づく定期接種に追加された子宮頸がんワクチンについて、厚生労働省の専門家会議は「接種のあと体中の痛みを訴えるケースが30例以上報告され、回復していない事例もある。
    この副作用は原因不明のため、国民に注意点を説明することができない」として、積極的に接種を呼びかけるのを一時、中止すべきだという意見をまとめました。
    これを受けて厚生労働省は、近く全国の自治体に対して、対象者に積極的に接種を呼びかけるのを、一時中止するよう求めることにしています。
    国が定期接種の対象としているワクチンについて接種の呼びかけを中止するのは、極めて異例です。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130614/k10015313101000.html

    この記事の続きを見る


    細胞夜話 (mag2libro)

    同じ遺伝情報を持つ細胞を作る「クローン技術」を使って、様々な細胞に変化する
    能力を持つ、人のES細胞(胚性幹細胞)を世界で初めて作製したと、米オレゴン
    健康科学大の立花真仁(まさひと)研究員らが15日、米科学誌セルに発表した。

    患者と同じ遺伝情報を持つ心筋や神経細胞などを作り出せれば、山中伸弥・
    京都大教授が作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同様に、
    再生医療に応用することが可能になる。

    クローン技術を使ったES細胞作りの手順
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから 
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130515-OYT1T01708.htm

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ