SF・科学

     CEATEC 2013の日本電気硝子ブースでは「見えないガラス」という製品を展示している。これは文字通り目ではほとんど視認できないガラスで、ガラスの両面に特殊な反射防止膜をコーティングすることで、ヒトの目が感じる波長の光を選択的に反射しないようにし、一般的なガラスでは4%程度ある視感反射率を、0.08%にまで抑えたもの。

     この製品の用途としては、絵画など美術品のケースとして使うことで、絵画の見た目にほとんど影響を与えることなく、作品を保護できる。また、日光の照りつけが激しい屋外でのディスプレイケースに使うことなども想定されている。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20131001_617650.html

    no title

    no title


    この記事の続きを見る

     小さな河川や農業用水路で導入が広がる「小水力発電」が、都市部のスポーツクラブでも始まっている。プールとろ過装置を循環する水の流れに着目した珍しい取り組みを取材した。

     川崎市のJR新川崎駅近くの商業ビル四、五階にあるスポーツクラブ「NAS新川崎」。一日平均千五百人がジムやプールを利用する。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013093002000005.html

    no title

    no title

    この記事の続きを見る

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 10:32:29.25 ID:SBlz395w0
    統制の取れた状態で、現代からの知識以外の持ち込みは一切不可
    猛獣とかは追い払われた状態として、今の都市レベルの文明つくるなら何年かかるだろう?

    この記事の続きを見る

    ボイジャー1号、太陽系脱出 地球を旅立ち35年

     ボイジャー1号は現在、太陽から約187億キロ付近を時速約6万キロの速度で飛行中。すでに太陽の重力圏からは出て、太陽からの陽子なども劇的に減り、後は「太陽風の届く範囲を超えた」と、どのように認定できるかが焦点だった。

     米科学誌サイエンス電子版に12日発表された論文によると、太陽系から抜け出れば、宇宙を飛び交う宇宙線に由来する電子などの密度が急上昇すると考えられる。今春に送ってきたデータから電子の密度を分析したところ、太陽系外の恒星間に広がる「星間空間」で想定された値にすでに達していた。逆算すると、昨年8月25日ごろに太陽系の末端を通過したとみられるという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.asahi.com/tech_science/update/0913/TKY201309120704.html

    この記事の続きを見る

    世界最大の観覧車「Nippon Moon」を作る計画が日本、オランダ、イタリアの企業グループによって作られた。
    現地メディアが報じた。
    それによれば、観覧車はロンドンにある「London Eye」(135メートル)の少なくとも2倍になるという。
    観覧車には32のゴンドラが設置されるが、12人から15人が自由に移動できる透明のカプセルになる。
    またスマートフォンを経由するARシステムにより、景色の説明なども見ることができる。
    40分間で一周するが、どこに建設されるかは分かっていない。

    【画像 たぶん参考?】
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_09_08/121009563/

    この記事の続きを見る

    2020年東京オリンピック開催決定。メイン会場となる予定の新国立競技場はザハ・ハディドのデザインに

    http://www.fashionsnap.com/news/assets_c/2012/11/660x303xshinkokugi_zaha_20121116_004-thumb-660xauto-150107.jpg.pagespeed.ic.PAgV9RHcHF.jpg

    no title

    no title

    no title

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ