SF・科学

    福島沖、洋上風力発電が運転開始 再生エネルギー研究


    再生可能エネルギーの研究として、福島県楢葉町の沖合約20キロに設置された「浮体式洋上風力発電所」の運転が11日、始まった。

    発電所は出力2千キロワット。
    羽根の直径約80メートルの風車1基を、海に浮かべて回し発電する。
    海上に併設の変電所から海底ケーブルを通し、東北電力に供給する仕組み。
    2014年度までに、出力7千キロワットの風車2基を増設する予定。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111101001672.html

    no title


    この記事の続きを見る

    "電子レンジから出るマイクロ波でスマートフォンが充電できる!?"

    東京大学の研究グループが、電子レンジを使う際に失われて無駄になる
    マイクロ波をリサイクルして、電力にすることのできる装置を生み出した。

    この装置はほんのわずかな場所しか取らないので、チームの見解では日用製品、
    特に電気式の計量器や温度計、タイマーのような台所用器具のバッテリーの中に収めることができる。
    欲張りすぎさえしなければいいのだ。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://wired.jp/2013/11/03/charge-smartphone/

    この記事の続きを見る

    巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」

    作り方はこんな感じ。まず家の床が作られ、その回りにレイヤーが重ねられていくことによって壁が完成します。
    no title

    平均的な大きさの家なら大体20時間ほどで完成するとのこと。
    no title


    パーツの接合などもロボット技術によって自動で行われます。
    no title


    一軒家だけではなく……
    no title


    マンションなどの集合住宅からオフィスビルまで、さまざまな建築物が作れるようになります。
    no title



    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://gigazine.net/news/20131030-contour-crafting/

    この記事の続きを見る

    Brian Clark Howard,
    National Geographic News
    19世紀末から20世紀初め、アメリカで活躍した電気技師ニコラ・テスラ(1856~1943年)。先見性のある著名な発明家へのオマージュとして、ニューヨーク州
    ロングアイランドに新しい銅像が建てられた。9月23日、研究所跡地のウォーデンクリフで行われた除幕式で、出身国セルビアのトミスラヴ・ニコリッチ大統領
    は、「彼のアイデアは、時代のはるか先を行っていた」と献辞を述べた。


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131018002

    この記事の続きを見る

    実現すれば、世界の電力問題は一気に解決する! 火力、風力、水力、太陽光、原子力…数々の発電方法があるものの、地球そのものを使う発電方法が発明された。これまで不可能と言われてきた「地球の自転エネルギーを利用する」方法だ。

    ヒントになったのは「やじろべえ」だ。和合秀典さん(70)と中薗豊さん(54)。1年前に「超発明株式会社」(東京都豊島区)を立ち上げた研究者コンビ。和合さんの頭に発想が浮かび、中薗さんに打ち明けると「不可能ではない。いや、可能だ」と答えたことでプロジェクトが動き出した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/194089/

    この記事の続きを見る

    キモい動きでおなじみの軍事用4足歩行ロボ「Big Dog」を作った
    Boston Dynamicsが、新たなロボを開発。走力を発達させた4足歩行ロボ
    「Wild Cat」が登場しました。
    「Big Dog」は不気味な動きが話題となりましたが、今回もやっぱり気持ち悪いです。

    Wild Catはあらゆる地形を速く走るために作られたロボです。
    大きなボディから細い4本足が伸びた見た目はBig Dogとそっくり。
    ギャロップ走法やバウンディングによる走りは、平らなところで
    秒速7.2メートル(=時速約26キロメートル)ほどの速さになるそうです。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1310/07/news101.html


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ