SF・科学

    宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています

    普段なにげに見上げている空の星や、身の回りに存在する物質についてその起源を考えることはあまりないと思いますが、実はその存在は、別の宇宙からやってきた「ホログラム」かもしれないという研究結果が発表され、注目が集まっています。

    「ホログラム」とは言っても、これは宇宙のある一点から発せられた光源によって宇宙が照らされていることを意味しているのではなく、すべての物質を説明する理論であるひも理論(弦理論)および超ひも理論(超弦理論)を説明する概念となっています。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://gigazine.net/news/20130104-hologram-universe/

    この記事の続きを見る

    遺伝経路操作で蠕虫の寿命を5倍に 人間に応用できれば500歳まで生きられる可能性も?!と米研究機関が示唆

     米Buck Institute of Age ResearchのPankaj Kapahi博士のチームは、蠕虫(ミミズやヒルな
    ど蠕動で移動する虫)である、シノラブディス・エレガンスの2つの遺伝経路を微調整し、その
    寿命を5倍に延ばすことに成功した。この技術を人間に応用できれば完璧なアンチエイジングが
    可能になるかもしれないという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://irorio.jp/sousuke/20131216/96028/

    この記事の続きを見る

    「身の危険を感じる体験をすると、その「記憶」が子々孫々に遺伝して受け継がれる」

     そんな研究結果が、米国エモリー大学の研究チームよりまとめられ、12月1日に英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に掲載された。

     実験は、雄のマウスの脚に電気ショックを与えながら桜の花に似た匂いを嗅がせ、その匂いを嗅ぐと恐怖を 感じさせるというもの。電気ショックを何度か繰り返すと、桜の匂いを嗅いだだけで身構えるようになる。

     電気ショックを受けた父親と子孫の精子のDNAを比較したところ、両者とも嗅覚を制御する遺伝子に変化した跡が見られたという。もっとも、こうした一致は、親が子に「教育」した結果とも考えられる。その可能性を排除するため、父マウスから精子を採って人工授精で生まれた子の脳を調べたところ、同様の変化が見られた。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://tocana.jp/2013/12/post_3334.html

    この記事の続きを見る

    "映像を“味わう”装置だと...?テレビに映った食べ物が味わえる「デジタル味覚装置」が開発された!"

    テレビでおいしそうな食べ物の映像を見て、「あの料理、今ここで味わってみたい...」と
    指をくわえて画面を見つめた経験が誰しも1度はあるだろう。

    そんな願いを叶える夢のような装置、電気刺激により味を再現する「Digital Taste Interface(デジタル味覚装置)」が、シンガポール国立大学で開発された。英国メディア The Telegraph が伝えている。

    「Digital Taste Interface」は、人間の味覚をデジタル制御された電気的刺激によって再現する装置。
    舌で感じる「しょっぱい」「甘い」「酸っぱい」「苦い」といった「味」を、電気刺激により再現するのだそう。
    また同装置は、味覚に影響する微妙な温度変化も利用して「味」を再現しているのだとか。

    no title

    「もぐもぐ...むっ、これおいしい!」
    no title

    「彼に教えてあげようっと!」(デジタル味覚送信)
    no title

    「ほう、おいしいじゃないか」 的なやりとりもできちゃう
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://entabe.jp/news/article/3383

    この記事の続きを見る

    日本の建設会社は月面に幅12マイルの太陽光パネルの帯を設置することでエネルギー問題を解決できると提案しました。

    東京を拠点におく清水建設は、地球に最も近い天体…月の赤道に幅18kmの太陽光パネルの帯を置くことを提案しました。
    発電したエネルギーはレーザーやマイクロ波により地球上へ伝送されます。

    この「ルナリング」と呼ばれる巨大発電プランは、
    試算では13,000テラワットの電力を生み出すことが出来ます。
    「無制限なクリーンエネルギーへのシフトは人類の究極の夢です。」と清水建設は言います。
     
    no title

    no title

    http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/10480950/Japanese-firm-plans-12-mile-wide-solar-panel-belt-around-Moon.html

    この記事の続きを見る

    この世にあるものはすべて、人間が意識し、決定してきたものである。こんなふうに言いきってしまうのは、少々乱暴でしょうか?

    ならば神様がこの世にいると、一体誰が言い出したのでしょう。空は青いと感じ、それを言葉にしたのは誰でしょう。人間ですよね? 

    そこには絶対的な正解など存在しません。なぜなら誰もその答えを知らないし、答えが存在するのかどうかすらも、確かめようがないからです。

    「この理論から言うと、死後の世界も存在するといえるだろう」量子物理学者のロバート・ランザ博士が述べたこの発言が、現在注目を集めていると、海外サイト『Mail Online』が報じています。

    先に述べた「この世にあるものはすべて人間が意識し決定してきたもの」、つまり「この世の中を作っているのは人間の意識である」。これは、量子物理学が導き出したひとつの結論です。

    ▼『2重スリットの実験』をわかりやすく映像化した作品がこちら☆
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedde

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://youpouch.com/2013/11/18/142880/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ