メンタルヘルス

    「身の危険を感じる体験をすると、その「記憶」が子々孫々に遺伝して受け継がれる」

     そんな研究結果が、米国エモリー大学の研究チームよりまとめられ、12月1日に英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に掲載された。

     実験は、雄のマウスの脚に電気ショックを与えながら桜の花に似た匂いを嗅がせ、その匂いを嗅ぐと恐怖を 感じさせるというもの。電気ショックを何度か繰り返すと、桜の匂いを嗅いだだけで身構えるようになる。

     電気ショックを受けた父親と子孫の精子のDNAを比較したところ、両者とも嗅覚を制御する遺伝子に変化した跡が見られたという。もっとも、こうした一致は、親が子に「教育」した結果とも考えられる。その可能性を排除するため、父マウスから精子を採って人工授精で生まれた子の脳を調べたところ、同様の変化が見られた。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://tocana.jp/2013/12/post_3334.html

    この記事の続きを見る

    “ホットミルク”も“寝だめ”も実はNG! よい睡眠のためにやってはいけないこと

     夜はぐっすり眠り、朝はスッキリ起き、きちんと朝ごはんを摂って学校や会社へ──
    それが理想の生活なのは頭でわかっていても、なぜか布団に入ると眠れない。そこで
    ごそごそと寝床を抜け出し、よく眠れるようになるというホットミルクを飲んでみるものの……
    やっぱり眠れない! というよりも余計に目が冴えてしまった! こんな経験、あなたには
    ないだろうか? 

     実は、「ホットミルクを飲むとよく眠れる」というのは、ホントのところ効果がないという。
    このように世の中で信じられている睡眠にまつわるアレコレには“迷信”も多い。8月末に
    発売された『ぐっすり 明日のパフォーマンスを全開にする快眠処方箋60』(鍛治恵/新潮社)
    から、そんな“信じていたのに実は間違っている”睡眠術を紹介しよう。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://news.nifty.com/cs/topics/detail/130924718047/1.htm

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ