歴史

    インドとの国境に近いネパール南部のルンビニ(Lumbini)で、
    仏教の開祖である釈迦(しゃか)が
    生まれたとされる場所で木造建築物の痕跡が新たに見つかった。
    これは紀元前6世紀頃のものとみられ、考えられていたより2世紀も
    早く釈迦が生きていたことを示す証拠であるかもしれないという。
    考古学者らが25日に発表した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.afpbb.com/articles/-/3003957

    この記事の続きを見る

    イエスの物語は「貧しい人々をなだめるために制作された」?

    聖書を研究している米国の学者ジョセフ・エトヴィラ氏の説によると、キリスト教は国のプロパガンダの成果だという。ザ・インディペンデント紙が伝えた。

    エトヴィラ氏は、キリスト教は奴隷たちが神の御心によって奴隷の立場にあることを信じ、奴隷を生産するために、意識をコントロールするためのシステムとしてつくられ、利用されたと指摘している。
    エトヴィラ氏によると、ユダヤ人分派たちの暴動に疲れていたローマ人が、「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出し」、税の支払いを呼びかける「平和」のメシアの物語を作ったという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_10_14/122869040/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ