• カテゴリ:
    中略

    ◆身近にあって国が野放しにしている食品添加物 ワースト3

    【1位】タンパク加水分解物
    多くの調味料商品に使われており、製法によって製造過程でわずかながら発ガン性物質発生すると指摘されており、欧米では摂取上限値を設けている国も多い

    【2位】アルミニウム
    膨脹剤、色止め剤、品質安定剤などの食品添加物に含まれている。欧州では規制の対象になっており、日本も厚労省が使用基準を定めて規制する方針を決めた

    【3位】亜硝酸ナトリウム
    ボツリヌス菌の増殖抑制や発色のために魚・ハム・ソーセージなどに使用基準値に基いて使用されている。
    多量に摂取した場合、本来の食材成分と一緒になると発がん性物質に変異することを危惧する声もある

    ◆スーパーで買ってはいけない食品 ワースト3

    【1位】唐揚げ(鶏肉の産地が明記していないもの)
    【2位】冷凍の小麦粉食品(パンケーキなど)
    【3位】サーモン(チリ産)

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://news.livedoor.com/article/detail/8208366/

    この記事の続きを見る

    「オ―ガニックは人の不安につけ込むカルト宗教」と断言するのは、金融・ビジネスなど
    多様な分野に精通し、辛口ブロガーとしても知られる藤沢数希氏だ。

    「最初は手軽な入門編として有機野菜などから始まり、段階を踏んで最終的には専門店で
    売っているものしか食べられなくしてしまう。のめり込むほどオーガニックではない食品を
    買っている人が信じられなくなり、『なぜ毒を食べるのか』と責める。つまり“異教徒の弾圧”。
    立派なカルト宗教ですよ」

    この“オーガニック教”は特に富裕層の多いエリアで流行中だという。

    「ハマるのは時間や経済的にも余裕がある主婦が多い。だから不安になる暇がある。
    子供のため、健康のため、美容のため、そして『農薬は毒だ』なんて脅されれば
    すぐに飛びつきますよ」

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131029-00528621-sspa-soci

    この記事の続きを見る

    「お米を食べると太る」は嘘? 本当?

    ■お米は本当に太るのか?

     お米の摂取量を昔と今とで比較してみると、昔の人は1日合計8膳ほどと、たくさんのお米を食べていたそうです。
    それなのに現代人のほうが太っている率が高いのは、摂取する栄養の割合にあります。
    欧米の食生活が広まったことで、脂肪の多い食事スタイルが主流となり、それが肥満を招いているといわれています。

     白米は、約70~80%が炭水化物、水分が約15%、タンパク質が約5%という構成で、脂質をほとんど含みません。
    にも関らず、お米を抜いておかずだけ食べようという考えは、単に脂質の割合を高めるパターンになりやすく、それが太りやすい体質を招いてしまうのです。お米に代表される炭水化物は悪者ではないのです。


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131001/Allabout_20131001_2.html
    この記事の続きを見る

    "「科学」にだまされないで 健康食品のウソ・ホント ホントが知りたい食の安全 有路昌彦"

    「体にいい」とうたわれているものの多くには、いろいろと「非科学」の世界が広がっています。
    問題なのは、非科学であるにもかかわらず、科学のふりをするものが巷にあふれていることです。

    no title

    この記事の続きを見る

    試験管で肉を培養したオランダの生理学者が、その肉を使ったビーフハンバーガーを初めて試食する。
    作成費用はおよそ21万7,000ポンド(3,284万円)だ。

    マーストリヒト大学(オランダ)の生理学者であるマルク・ポストは、研究室で培養されたビーフハンバーガーを、人類で初めて食べることになった。ポスト氏が食べるのは、ペトリ皿のなかで牛の幹細胞から慎重に培養された筋繊維を合成して作成したハンバーガーで、費用はおよそ21万7,000ポンド(3,284万円)だ。

    家畜は現在、世界における二酸化炭素排出量の5%、メタン排出量の30%の原因になっている。ハンバーガーを研究室で培養することで、家畜を育てるのにかかる排出量を大幅に削減できるのではないかというのが、ポスト氏の研究におけるひとつのねらいだ。

    画像
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130805/wir13080512450000-n1.htm

    この記事の続きを見る

    http://www.toychan.net/archives/2013/07/29_1830.php

    Posted 2013年7月29日
    【動画】 中国、超巨大キノコを発見!種類分からず、食えるかも分からず!
    環境汚染が原因で超巨大化した「シメジ」じゃないでしょうか・・・?
    中国、超巨大キノコを発見!
    no title

    >>> Raw: Mega Mushroom Causes Stir in China Village
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=jw2W4lzeqb4


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ