宇宙・UFO

    timemachine1


    1: ポキール星人Zφ ★ 2013/04/13(土) 02:21:03.20 0
    イランの学者はタイムマシンを開発したことを発表した。この装置を使えば、
    どんな人でも、5年から8年後の自分の将来を覗き見ることができるという。
    タイムマシンは第一に、国家的問題の解決に使われるということだが、
    大量生産が始まれば、一般市民にもいきわたるという。
    タイムマシンを開発したアリ・ラゲジ氏がファルス通信に対して明らかにした。

    アリ・ラゲジ氏は27歳で、イラン国立開発センターの所長を務めている。
    自身が語っているところによれば、10年前から「時空旅行のための装置」の
    開発にあたってきたという。

    ラゲジ氏によれば、アルゴリズムに基づいたタイムマシンは、98%の正確さで、
    5年から8年後を予見することができるという。さらに機械に触れるだけで十分なのだという。

    この「タイムマシン」という名称はあくまで例えの話であり、映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の
    デロリアンのようなヴィンテージカーでは決してない。ラゲジ氏によれば、
    「装置の大きさはPCほどで、未来に移動するのではなく、未来がやってくるのだ。」という。

    そーす The Voice of Russia
    http://japanese.ruvr.ru/2013_04_12/110592864/
    この記事の続きを見る


    1: 三毛(大阪府) 2013/04/12(金) 18:41:44.81 ID:YS8+bHAu0 BE:1159376876-PLT(12000) ポイント特典
    ナスカで新たな地上絵 人物2人、山形大発表

     山形大は12日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られるペルーのナスカ台地で、2人の人物が並んだ
    地上絵を新たに見つけたと発表した。左側の人物が、右側の人物の体を切った場面の可能性もあるとしている。

     山形大によると、左側の人物は縦約13メートル、横約7メートルで頭部が逆三角形。
    右側は縦約14メートル、横12メートルで頭部は円形。右側の人物は頭部と胴体の間に、大きな隙間がある。

     ナスカ台地周辺で出土した土器との比較などから、紀元前400年から同200年の間に描かれたと推定される。

    http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041201002260.html
    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ