宇宙・UFO

    欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は25日、太陽系 から近い距離にある
    恒星を周回する3個の「スーパーアース(巨大地球型惑星)」が見つ かったと発表した。3惑星は全て、
    理論上では生命が存在できる領域に位置しているとい う。

    3惑星は、恒星「グリーゼ667C(Gliese 667C)」を周回する最大7個の惑星群の一部。
    さ そり座(Scorpio)の方向に位置するグリーゼ667Cは、地球からの距離が22光年と比較的近 い。
    3惑星と恒星との距離は、水が液体で存在するのに最適な「ハビタブルゾーン」内にあ るという。

    *+*+ AFPBB News +*+*
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2952545/10960876

    この記事の続きを見る

    2013年6月9日、山東省濱州市で、3カ月前に宇宙人を感電死させたという人物が名乗り出た。人民網が伝えた。

    ネット上に「宇宙人5人を乗せた円盤に出くわした」と書き込んだのは、李と名乗る人物だ。李さんは海産物店を営んでおり、時折、黄河の近くで電気の流れる網を張って野ウサギを捕まえたりしている。

    「UFOのような物体が川岸にあって、私はいつの間にか自転車でそこに駆けつけていた。円盤からは5人の宇宙人が降りてきた」

    すると、宇宙人の1人が李さんの仕掛けた網に引っかかって転び、他の宇宙人はUFOに乗って帰ってしまったという。見てみると、網にかかった宇宙人は死んでしまっており、李さんは「彼」をそのまま倉庫に持ち帰り、冷凍庫に保存することにした。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから  
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=73154&type=
    この記事の続きを見る

     メキシコのテレビ局「テレヴィサ」はポポカペトリ火山にむかって光りながら飛ぶ不思議な
    飛行物体を捉えたビデオを放映した。物体は飛行速度を弱めると、続いてUターンし、
    煙を上げるクレーターの中に入っていった。

     映像は5月30日、現地時間で20時30分頃、夜間撮影用カメラで撮られたもの。

     フッフィングトン・ポストは、ポポカペトリ火山の付近では類似した物体が何度も目撃されていると
    伝えている。昨12年11月も火山の上を明るい光のシグナルを発する物体が横切っている。

     UFOネットワークで写真、ビデオの主任アナリストをつとめるマーク・ダントニオ氏は、
    この映像は捏造されたものではないとの見解を表した一方で、隕石の可能性もあると語っている。

    ソース:http://japanese.ruvr.ru/2013_06_06/115132743/
    動画:http://www.youtube.com/watch?v=cZdP_49FlIQ&feature=player_embedded


    この記事の続きを見る

    高知育ち 宇宙を旅したヨーグルト
    火星往復、一度で飛行士引退の被曝量…NASA 

    【ワシントン=中島達雄】地球と火星を往復すると、許容限度近くか、それを超える宇宙放射線を浴びる可能性があるという研究を米航空宇宙局(NASA)のチームがまとめた。

     火星に送り込んだ無人探査車キュリオシティに測定器を付け、宇宙船内に飛行士がいる場合のデータを解析した。それによると、地球―火星を1年で往復したとすると、660ミリ・シーベルト前後の放射線を浴びる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130601-OYT1T00550.htm 
    Science 2013 年5 月 31 日号ハイライト 
    http://www.eurekalert.org/pub_releases/translations/sci053113jp.pdf 

    Measurements of Energetic Particle Radiation in Transit to Mars on the Mars Science Laboratory 
    C. Zeitlin, D. M. Hassler, F. A. Cucinotta, B. Ehresmann, R. F. Wimmer-Schweingruber, D. E. Brinza, S. Kang, 
    G. Weigle, S. Böttcher, E. Böhm, S. Burmeister, J. Guo, J. Köhler, C. Martin, A. Posner, S. Rafkin, G. Reitz 
    Science 31 May 2013: Vol. 340 no. 6136 pp. 1080-1084 DOI: 10.1126/science.1235989 
    http://www.sciencemag.org/content/340/6136/1080 


    この記事の続きを見る


    僕のまわりの宇宙人(1) (電撃ジャパンコミックス)



    1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/05/15(水) 00:24:23.23 ID:???0
    中国各地で13日夜、光る謎の飛行物体の目撃情報が相次いだ。
    新華社など中国メディアが14日、「未確認飛行物体(UFO)が出現」などと伝えた。

    短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では中国軍が衛星破壊実験を行ったのではないかと疑う声が続出。
    中国外務省の洪磊副報道局長は14日の記者会見で「そうした情報は聞いていない」と述べた。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから  
    http://mainichi.jp/select/news/20130515k0000m030100000c.html

    この記事の続きを見る


    no title


    1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★ 2013/04/30(火) 18:28:30.58 ID:???0
     [デトロイト 29日 AP]
    米国で、地球外生命体の存在についての公聴会が執り行われている。デトロイトのキャロリン・チークス・キルパトリック
    元下院議員が議長を務め、他に6人の元国会議員が参加している。30時間にわたる米国議会方式の公聴会が、29日、
    ワシントンDCのナショナルプレスクラブで開幕し、金曜日まで続く予定だ。

     異星人と地球人の間にはすでに交渉があり、政府はそれを隠しているという説を信じる人々が証言を行う。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.excite.co.jp/News/odd/E1367301020016.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ