宇宙・UFO

    【8月30日 AFP】地球の生命の誕生は、火星から飛来した隕石(いんせき)によってもたらされたカギとなる鉱物のおかげだという新説が29日、発表された。

     この説を提唱するのは、米ウエストハイマー科学技術研究所(Westheimer Institute for Science and Technology)のスティーブン・ベナー(Steven Benner)教授だ。同教授は、イタリア・フィレンツェ(Florence)で開催される地球化学者の国際会議でこの説を発表する予定だ。

     ベナー教授は「初期の生命がどのようにして形成されたかにモリブデンが影響を与えられるのは、モリブデンが高度に酸化された場合に限られる」と声明で述べている。「この形態のモリブデンは、生命誕生当初の地球では得られなかったかもしれない。30億年前の地球の地表には酸素がほとんどなかったからだ。だが火星にはあった」

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2964881/11264675

    この記事の続きを見る

    30日、東京・世田谷区の東北新社等々力放送センター屋上で、本紙がUFOの
    撮影に成功した。この日、同所で「緊急検証!宇宙人地球侵略史~振り返ればヤツ
    (宇宙人)がいた~」(CSファミリー劇場、10月14日午後9時放送)の
    収録が行われたが、その現場にUFOが現れるという願ってもないハプニングが、
    本当に起こってしまった。

    番組には漫画家の飛鳥昭雄氏(63)、本紙でもおなじみのオカルトに詳しい作家の
    山口敏太郎氏(47)、そしてUFOプロデューサーの矢追純一氏(68)ら、
    その道の“権威”がズラリ出演したが、なんとなんと、その目前にUFOが現れたのだ。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/178824/

    この記事の続きを見る

    1: バックドロップ(チベット自治区) 2013/08/03(土) 13:22:20.29 ID:d6MW/TQ/T● BE:354559853-PLT(12554) ポイント特典
    http://w-t-f.jp/archives/31182109.html

    スペイン上空にUFOが!!と思ったら爆発!?一体何が【動画】
    2013年08月03日 12:34
    no title


    スペインでの映像。上空の雲周辺にUFOらしき物体が。するといきなり爆発してしまう・・・これは一体・・・

    http://www.youtube.com/watch?v=jOmzGKCJiYs


    工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 デッカイし、はっきり映っているwww

    この記事の続きを見る

    [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びた
    ニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。

    南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、
    政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。
    2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、
    MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい 、徐々に体に変化が表れる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://eiga.com/news/20130729/15/

    この記事の続きを見る

    米ニューヨーク・タイムズ紙の国際版であるインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が
    24日付で、米航空宇宙局(NASA)がワープ航法の研究をしていると紹介した。ワープ航法とは、
    SFに登場する超光速航法のひとつ。紹介されている航法は、宇宙船の前方に真空をつくり、
    船が吸い込まれるように前に進むという原理のものだ。同記事を抜粋、要約する。

    NASAのハロルド・ホワイト博士らは、光子を小さくワープさせ、それを観測する装置を開発
    している。この実験装置は非常に繊細で、小さな地震や人の足音の影響まで受けるため、
    地下に実験室をつくり、地面から浮かせた装置の上に設置している。NASAはこの研究に5万ドル
    (約500万円)の予算をつけている。

    チームの研究の焦点は、光速を超えるワープ航法が可能かどうかだ。そう、映画「スター・
    トレック」のような、ワープ航法だ。

    このプロジェクトの責任者であるホワイト博士は、「137億年前のビッグバンの時、
    ある宇宙モデルでは、最初期には爆発的なインフレーションが起き、ある二つの地点が
    ものすごいスピードで離れていきました。自然にはできたことです。我々にもできるのでは
    ないでしょうか」と語る。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=6419

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ