宇宙・UFO

    宇宙の存在は別の「パラレル宇宙」からのホログラムであるという研究結果が発表されています

    普段なにげに見上げている空の星や、身の回りに存在する物質についてその起源を考えることはあまりないと思いますが、実はその存在は、別の宇宙からやってきた「ホログラム」かもしれないという研究結果が発表され、注目が集まっています。

    「ホログラム」とは言っても、これは宇宙のある一点から発せられた光源によって宇宙が照らされていることを意味しているのではなく、すべての物質を説明する理論であるひも理論(弦理論)および超ひも理論(超弦理論)を説明する概念となっています。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://gigazine.net/news/20130104-hologram-universe/

    この記事の続きを見る

    右の写真は今年11月、作家・オカルト研究家の山口敏太郎が三重県の
    伊勢神宮へ取材を行ったときの写真である。

     神宮の森に大きな日章旗がはためいている。山口敏太郎と同行したスタッフはその光景が
    珍しく写真に収めたのだが、実はこの写真には不思議なものが一点紛れ込んでいる。

     写真の左上にご注目いただきたい。なんと空に謎の飛行物体が飛んでいるのである。

     流線型と思わしき形状の飛行物体は、一見するとヘリコプターのようにも見えるが、
    ヘリコプターにしてはプロペラの部分が見当たらなく、また虫にしては大きすぎるため、
    この物体の正体は未確認飛行物体=UFOの一種か、スカイフィッシュのようなUMAではないかと思われる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://npn.co.jp/article/detail/94400797/

    この記事の続きを見る

    未確認飛行物体“UFO”。この謎に満ちた物体は長年人々を魅了し続けている。
    世界各国でさまざまなUFO目撃情報があるが、そのUFOが、このたびドイツに着陸したというのだ。

    UFOが降り立ったのはドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州の都市ロイトリンゲン。
    偶然、カメラに収められたというその様子は
    動画「Real UFO With Aliens Caught On Camera – Dec. 6, 2013」で確認することができる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=2760281
    http://www.youtube.com/watch?v=suBp3ai-xG8


    この記事の続きを見る

    ロスアンジェルス上空にUFO(ビデオ)

    http://www.youtube.com/watch?v=jqxxRug821c


    no title


    米国では私立探偵が尾行中に偶然UFOを撮影した。
    これは携帯電話に搭載されていたカメラによるもの。

    ロスアンジェルスの私立探偵ジョー・ロドリゲスさんは早朝、
    監視対象となっている家を監視するための詰め所に向かった。
    そこで、空に鮮やかに光る飛行物体を発見したという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_12_08/125601075/

    この記事の続きを見る

    上空で不規則に色を変える光を11月24日夕、上山市内で撮影したと30日、山形新聞社に連絡があった。見つかった方角などから、柴田晋平山形大理学部教授(天文学)は「金星の可能性が高い」と分析している。

    同市美咲町1丁目の後藤彩奈さん(16)=上山明新館高1年=が24日午後6時ごろ、携帯電話の動画機能で記録した。光点は同所から南西の方角にあり、家族も目撃。午後5時半~7時までは光っていたという。移動することなく、後藤さんは「紫やピンクに変化した」と振り返る。この日以降
    は見ていない。

    色を変えながら輝く光点
    no title

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://yamagata-np.jp/news/201311/30/kj_2013113000729.php

    この記事の続きを見る

    地球型惑星 意外に多い 太陽に似た恒星5個に1個 米大チームが発表

     太陽に似た恒星のうち5個に1個が、地球と同じようなサイズと公転距離を持つ惑星を
    従えているとする研究結果を、米カリフォルニア大バークレー校のチームが米科学アカデミー紀要電子版に4日発表した。

     大気を持ち温暖で、地球上の生命に必要な液体の水が存在しうる惑星が意外に多いかも
    しれないことを示す結果。チームの研究者は「最も近い地球型惑星は、肉眼でも観測できる
    12光年先の恒星を回っている可能性がある」としている。チームは、8月に運用を終えた
    米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡を使い観測。太陽に似た恒星の手前を惑星が横切ると、 恒星がやや暗く見えるという原理を利用し、惑星の大きさや恒星からの距離を分析した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://sankei.jp.msn.com/science/news/131105/scn13110507170000-n1.htm

    この記事の続きを見る

    世界の終わりは来年中旬 理由はガス雲

    no title

    英国の天文物理学者アルベルト・シェルヴィンスキー氏によれば、
    約1600万キロメートルにおよぶガス雲が地球に接近中だという。
    もしシェルヴィンスキー氏の計算が正しければ、このガス雲は太陽系全体を破壊するということで、
    地球は2014年中旬になくなってしまう。このガス雲はブラックホールから出てきたものであるという。

     ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_11_01/123749423/

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ