2013年10月

    CNN
    米カリフォルニア州南部沖のサンタカタリナ島付近で13日夕、体長約5.5メートルもある巨大な深海魚リュウグウノツカイの死骸が見つかった。

    同島の課外教育施設CIMIでインストラクターを務めるジャスミン・サンタナさんが水深約4.5メートルの海中で、海底の砂に横たわるリュウグウノツカイを発見した。

    「最初は少し怖かったけれど、リュウグウノツカイがおとなしい魚だということは知っていた」と話す。

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.cnn.co.jp/photo/l/518924.html

    この記事の続きを見る

    イエスの物語は「貧しい人々をなだめるために制作された」?

    聖書を研究している米国の学者ジョセフ・エトヴィラ氏の説によると、キリスト教は国のプロパガンダの成果だという。ザ・インディペンデント紙が伝えた。

    エトヴィラ氏は、キリスト教は奴隷たちが神の御心によって奴隷の立場にあることを信じ、奴隷を生産するために、意識をコントロールするためのシステムとしてつくられ、利用されたと指摘している。
    エトヴィラ氏によると、ユダヤ人分派たちの暴動に疲れていたローマ人が、「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出し」、税の支払いを呼びかける「平和」のメシアの物語を作ったという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_10_14/122869040/

    この記事の続きを見る

    80光年先に孤独に浮かぶ浮遊惑星を発見

    (CNN) 地球からわずか80光年の距離に、宇宙を孤独に漂う「浮遊惑星」が発見された。

    この浮遊惑星は「PSO J318.5-22」と名付けられ、惑星の周りを公転するのではなく孤独に浮かんでいる。
    誕生してまだ1200万年と幼く、若い恒星の周りを回る巨大ガス惑星と似た性質をもっているという。

    この惑星の質量は木星のたった6倍。褐色わい星と呼ばれる天体を探していて見つかった。通常の褐色わい星よりも赤い光を発していたため、別の望遠鏡を使って赤外線で観測したところ、惑星であることが明らかになったという。

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35038416.html

    この記事の続きを見る

    Telekinetic Coffee Shop Surprise
    http://www.youtube.com/watch?v=VlOxlSOr3_M



    カフェでゆったりとコーヒーを飲んでいた。いつもの日常のはずだった。
    しかし、店内にいた女の子が突然超能力を使い始め、周りの人はビックリ――

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/11/carrie-movie_n_4082813.html

    この記事の続きを見る

    「経験ない高温」20年代に 熱帯域、温暖化で打撃

     温室効果ガスの排出が今のペースで続くと、熱帯域では2020年代から年平均気温が
    過去約150年間に経験した最高値を常に上回る「新たな高温時代」に突入するとの
    研究結果を米ハワイ大などのチームが10日付英科学誌ネイチャーに発表した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100901001907.html

    この記事の続きを見る

    キモい動きでおなじみの軍事用4足歩行ロボ「Big Dog」を作った
    Boston Dynamicsが、新たなロボを開発。走力を発達させた4足歩行ロボ
    「Wild Cat」が登場しました。
    「Big Dog」は不気味な動きが話題となりましたが、今回もやっぱり気持ち悪いです。

    Wild Catはあらゆる地形を速く走るために作られたロボです。
    大きなボディから細い4本足が伸びた見た目はBig Dogとそっくり。
    ギャロップ走法やバウンディングによる走りは、平らなところで
    秒速7.2メートル(=時速約26キロメートル)ほどの速さになるそうです。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1310/07/news101.html


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ