2013年07月

    [映画.com ニュース] 初メガホンをとった「第9地区」(2010)が大ヒットし一躍脚光を浴びた
    ニール・ブロムカンプ監督が、続編となる「第10地区(District 10)」に取りかかっていることがわかった。

    南アフリカ共和国を舞台にした「第9地区」は、1982年に突如UFOが飛来し、
    政府は異星人たちを難民として受け入れるが、特別居住区・第9地区はスラム化。
    2010年、難民増加を懸念した超国家機関MNUが、難民を第10地区に移動させる計画を立て、
    MNUの職員ヴィカスは立ち退き要請のため第9地区を訪れたところ、不注意で謎の液体を浴びてしまい 、徐々に体に変化が表れる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://eiga.com/news/20130729/15/

    この記事の続きを見る

    http://www.toychan.net/archives/2013/07/29_1830.php

    Posted 2013年7月29日
    【動画】 中国、超巨大キノコを発見!種類分からず、食えるかも分からず!
    環境汚染が原因で超巨大化した「シメジ」じゃないでしょうか・・・?
    中国、超巨大キノコを発見!
    no title

    >>> Raw: Mega Mushroom Causes Stir in China Village
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=jw2W4lzeqb4


    この記事の続きを見る

    保見容疑者を送検 周南市5人殺害

    山口県周南市で男女5人が相次いで殺害された事件で、
    逮捕された保見光成容疑者(63)は27日朝、
    山口地検に身柄を送られた。
    26日の取り調べには、素直に応じているという。
    http://www.news24.jp/articles/2013/07/27/07233184.html

    no title

    no title

    この記事の続きを見る

    米ニューヨーク・タイムズ紙の国際版であるインターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が
    24日付で、米航空宇宙局(NASA)がワープ航法の研究をしていると紹介した。ワープ航法とは、
    SFに登場する超光速航法のひとつ。紹介されている航法は、宇宙船の前方に真空をつくり、
    船が吸い込まれるように前に進むという原理のものだ。同記事を抜粋、要約する。

    NASAのハロルド・ホワイト博士らは、光子を小さくワープさせ、それを観測する装置を開発
    している。この実験装置は非常に繊細で、小さな地震や人の足音の影響まで受けるため、
    地下に実験室をつくり、地面から浮かせた装置の上に設置している。NASAはこの研究に5万ドル
    (約500万円)の予算をつけている。

    チームの研究の焦点は、光速を超えるワープ航法が可能かどうかだ。そう、映画「スター・
    トレック」のような、ワープ航法だ。

    このプロジェクトの責任者であるホワイト博士は、「137億年前のビッグバンの時、
    ある宇宙モデルでは、最初期には爆発的なインフレーションが起き、ある二つの地点が
    ものすごいスピードで離れていきました。自然にはできたことです。我々にもできるのでは
    ないでしょうか」と語る。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=6419

    この記事の続きを見る

    熱帯の深海魚リュウグウノツカイ、富山湾で捕獲

    体長10メートルを超えることもある珍しい深海魚「リュウグウノツカイ」が
    26日、新潟県境の富山県朝日町沖合で魚津漁協の定置網にかかり、
    魚津水族館(富山県魚津市三ヶ)に持ち込まれた。

    富山湾での確認は6個体目で、夏場に見つかったのは初めて。体長も
    推定1メートル50~1メートル80とこれまで発見されたものより小さく、
    極めて珍しいという。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130729-OYT1T00008.htm


    no title


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ