この世にあるものはすべて、人間が意識し、決定してきたものである。こんなふうに言いきってしまうのは、少々乱暴でしょうか?

    ならば神様がこの世にいると、一体誰が言い出したのでしょう。空は青いと感じ、それを言葉にしたのは誰でしょう。人間ですよね? 

    そこには絶対的な正解など存在しません。なぜなら誰もその答えを知らないし、答えが存在するのかどうかすらも、確かめようがないからです。

    「この理論から言うと、死後の世界も存在するといえるだろう」量子物理学者のロバート・ランザ博士が述べたこの発言が、現在注目を集めていると、海外サイト『Mail Online』が報じています。

    先に述べた「この世にあるものはすべて人間が意識し決定してきたもの」、つまり「この世の中を作っているのは人間の意識である」。これは、量子物理学が導き出したひとつの結論です。

    ▼『2重スリットの実験』をわかりやすく映像化した作品がこちら☆
    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedde

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://youpouch.com/2013/11/18/142880/

    この記事の続きを見る

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/18(月) 02:01:50.59 ID:Wvmiqfbf0
    ・年間自殺者平均80、15年で1200人以上
    ・殴る蹴る 反省文100枚
    ・エアガン、ガスガンで撃たれる
    ・無修正AVを数十万で、しかもサラ金で金を借りさせて売りつける
    ・遺書に「お前だけは絶対に呪い殺してやる」

    http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=fx_keaton&prgid=41083129

    この記事の続きを見る

    ヴァイキングの予言によれば、2014年2月22日に世界の終わりがやってくる。

    ヴァイキングたちの間でこの日は「ラグナレク」と呼ばれており、オーディン神が巨大な狼フェンリルに殺されてしまう。
    生き残るのは二人で、そこからまた新しい文明が生まれていくという。

    スカンジナヴィアの伝承に詳しい研究者らによれば、ラグナレクの日は今日から数えてたった97日だという。

    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124548783/

    この記事の続きを見る

    深海に生息する「ミツクリザメ」
    10匹余りが神奈川県の相模湾でかに漁の刺し網にかかっているのが見つかり、
    横浜市の水族館に運ばれて飼育されています。
    「ミツクリザメ」は日本では相模湾や駿河湾などの水深1200メートルほどの深海に生息するサメで、口先がヘラのように長く突き出ているのが特徴です。
    「ミツクリザメ」が運ばれた横浜・八景島シーパラダイスの水族館によりますと、13日、横須賀市の長井沖で水深300メートルほどに仕掛けたかに漁の刺し網に
    13匹のミツクリザメがかかっていて、このうち生きていた11匹が水族館に運ばれました。

     ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131114/k10013061691000.html

    この記事の続きを見る

    福島沖、洋上風力発電が運転開始 再生エネルギー研究


    再生可能エネルギーの研究として、福島県楢葉町の沖合約20キロに設置された「浮体式洋上風力発電所」の運転が11日、始まった。

    発電所は出力2千キロワット。
    羽根の直径約80メートルの風車1基を、海に浮かべて回し発電する。
    海上に併設の変電所から海底ケーブルを通し、東北電力に供給する仕組み。
    2014年度までに、出力7千キロワットの風車2基を増設する予定。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111101001672.html

    no title


    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ