日本の建設会社は月面に幅12マイルの太陽光パネルの帯を設置することでエネルギー問題を解決できると提案しました。

    東京を拠点におく清水建設は、地球に最も近い天体…月の赤道に幅18kmの太陽光パネルの帯を置くことを提案しました。
    発電したエネルギーはレーザーやマイクロ波により地球上へ伝送されます。

    この「ルナリング」と呼ばれる巨大発電プランは、
    試算では13,000テラワットの電力を生み出すことが出来ます。
    「無制限なクリーンエネルギーへのシフトは人類の究極の夢です。」と清水建設は言います。
     
    no title

    no title

    http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/10480950/Japanese-firm-plans-12-mile-wide-solar-panel-belt-around-Moon.html

    この記事の続きを見る

    インドとの国境に近いネパール南部のルンビニ(Lumbini)で、
    仏教の開祖である釈迦(しゃか)が
    生まれたとされる場所で木造建築物の痕跡が新たに見つかった。
    これは紀元前6世紀頃のものとみられ、考えられていたより2世紀も
    早く釈迦が生きていたことを示す証拠であるかもしれないという。
    考古学者らが25日に発表した。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.afpbb.com/articles/-/3003957

    この記事の続きを見る

    1963年11月にジョン・F・ケネディ米大統領が暗殺されてからちょうど50年が過ぎた。
    この節目に国際政治ジャーナリスト・落合信彦氏が『二〇世紀最大の謀略』『ケネディからの伝言』
    (いずれも小学館文庫)の2冊を上梓した。落合氏は暗殺劇について「謎」を挙げている。その一部は以下の通りだ。

    【謎1】核心部分の証拠は「2039年まで非公表」
    【謎2】パレードルート変更
    【謎3】凶器は「旧式の銃」?
    【謎4】魔法の銃弾
    【謎5】持ち去られた遺体

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから
    http://www.news-postseven.com/archives/20131118_227345.html

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ