細胞夜話 (mag2libro)

    同じ遺伝情報を持つ細胞を作る「クローン技術」を使って、様々な細胞に変化する
    能力を持つ、人のES細胞(胚性幹細胞)を世界で初めて作製したと、米オレゴン
    健康科学大の立花真仁(まさひと)研究員らが15日、米科学誌セルに発表した。

    患者と同じ遺伝情報を持つ心筋や神経細胞などを作り出せれば、山中伸弥・
    京都大教授が作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)と同様に、
    再生医療に応用することが可能になる。

    クローン技術を使ったES細胞作りの手順
    no title

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから 
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130515-OYT1T01708.htm

    この記事の続きを見る


    海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

    1: サビイロネコ(チベット自治区) 2013/05/14(火) 03:15:36.27 ID:ocbr90YH0 BE:146479223-BRZ(10000) ポイント特典
    http://commonpost.info/?p=67107
    投稿日: 2013年5月14日 作成者: キルロイ
    no title


    この技術を開発しているのは、南カリフォルニア大学、ウェイクフォレスト大学などからなる研究者グループ。研究者らは、
    脳の中でも記憶をつかさどる「海馬」にマイクロチップを埋め込むことで、チップ内に保存されている記録を人間の記憶と
    して利用することを目指しています。

    これまでにサルとネズミを使った実験で、シリコン製チップを脳に埋め込み電気信号を脳に送ることで、脳は電気信号を受
    け取れることを証明しています。

    研究グループは、これらの技術を応用して患者の記憶を5年~10年分はマイクロチップに保存できるとしています。一方で研
    究者らは、この記憶を記録する技術がそれほど早い段階で実現できるとは考えていないといいます。


    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから 
    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2321081/Scientists-hope-implant-microchips-generate-memories-human-brains-2-years.html

    この記事の続きを見る


    僕のまわりの宇宙人(1) (電撃ジャパンコミックス)



    1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/05/15(水) 00:24:23.23 ID:???0
    中国各地で13日夜、光る謎の飛行物体の目撃情報が相次いだ。
    新華社など中国メディアが14日、「未確認飛行物体(UFO)が出現」などと伝えた。

    短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では中国軍が衛星破壊実験を行ったのではないかと疑う声が続出。
    中国外務省の洪磊副報道局長は14日の記者会見で「そうした情報は聞いていない」と述べた。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから  
    http://mainichi.jp/select/news/20130515k0000m030100000c.html

    この記事の続きを見る


    買ってはいけないお菓子 買ってもいいお菓子 (だいわ文庫)


    1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/05/14(火) 06:04:14.32 ID:???0
     
     中国の大気汚染物質「PM2・5」が日本に深刻な影響を与えているが、脅威はこれに留まらない。
    毒性の強い農薬や食中毒を引き起こす細菌まみれの中国産食品が「検疫をすり抜けて国内に入って
    きている」(専門家)という。5年前に社会を震撼させた「毒ギョーザ事件」以降、鳴りを潜めていた
    汚染食品だが、実は日本の食卓に深く静かに浸透していた。「危ない食品リスト」とともにその実態
    を明らかにする

    この記事の続きを見る

    奴隷区 僕と23人の奴隷(1) (アクションコミックス)


    1: ぽてぽんφ ★ 2013/05/13(月) 17:47:47.05 ID:???T
    「日本人奴隷」3人、メキシコに…安土桃山時代

    安土桃山時代末の1597年、日本人が「奴隷」としてメキシコに渡っていたことがわかった。
    ポルトガル人で同国立エヴォラ大特別研究員ルシオ・デ・ソウザさん(大航海時代史)と、
    東大史料編纂へんさん所の岡美穂子助教(日欧交渉史)がメキシコ国立文書館に残る異端審問記録で確認した。「日本人奴隷」の実態を示す貴重な資料であり、日本人の太平洋渡航を詳細に記した最初の資料としても注目される。研究成果は近く海外で出版される予定。
    審問記録には、日本名の記載はないが、名前の後ろに「ハポン(日本)」と明記された、
    「日本生まれ」の人物の名があった。「ガスパール・フェルナンデス」「ミゲル」「ベントゥーラ」の3人で、
    いずれも男性とみられる。

    ※下記リンクより一部抜粋。続きはこちらから 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130513-OYT1T00675.htm?from=top

    この記事の続きを見る

    no title

    1: ジョフロイネコ(家) 2013/05/10(金) 20:02:15.69 ID:U/bXDpSQP BE:1150781928-PLT(12622) ポイント特典
    「直ちに噴火の兆候なし」
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130510/dst13051019430012-n1.htm
    気象庁は10日、蔵王山(山形、宮城県)で、地下のマグマや熱せられた地下水の活動を示すとされる「火山性微動」が4月に3回、
    起きていたと発表した。回数が少なく振幅も小さいことなどから「直ちに噴火する兆候は認められない」としている。

    同庁によると、火山性微動が発生したのは7、9、21日で、それぞれ3~5分程度続いた。7日と21日の微動直前には、地殻変動
    を監視する傾斜計のデータにわずかな変化が観測された。火山性地震は4月に46回発生し、やや多い状況だった。

    火山性微動の観測は1月27日以来で、気象庁の担当者は「地下の深い所で何らかの活動があったと考えられる」と説明した。

    この記事の続きを見る

    このページのトップヘ